人気が復活した

見事な和服

花嫁の衣装にはその時代によってトレンドがあります。
和装が当たり前だった時代から、次は長い間ウエディングドレスが主流となっており、現在も根強い支持を得ています。
それに加えて最近では和の結婚式の人気が復活し、少し前に比べると白無垢や色打掛の花嫁が増えてきています。
和装の良い点は、ウエディングドレスに比べて流行に左右されないことです。
ウエディングドレスは短いスパンで流行が変わるため、後で写真を見返したときに古い印象を与えてしまいがちです。
和装は大きな流行がありませんしかえって伝統を感じさせます。
また、結婚式はウェディングドレスのみ着用する花嫁が前撮りで白無垢・色打掛を着用することもあります。
結婚式を挙げないカップルも、記念に写真だけ撮るフォトウエディングで和装を選ぶケースも増えてきています。
結婚式で着用、前撮りで着用、フォトウエディングで着用とカップルによって様々ではありますが、一生に一度の記念に和装は最適な衣装であると言えます。

前撮りでの注意点

結婚の記念として撮影スタジオでフォトウエディングを前撮りする人も多いですが、前撮りの注意点としては、曜日によって撮影料金が異なることです。
多くの場合、平日よりも土日や祝日の方が料金が高く設定されています。
フォトウエディング専門の撮影スタジオもありますが、その他の様々な撮影に応じているスタジオでは、入学式や卒業式、成人式等の時期に重なると予約が取れない場合もあるので、早めの予約が必要になります。
フォトウエディングの費用には、衣装のレンタル代や着付け代、ヘアセット代などが含まれている場合が多く、これらの料金も洋装と和装では異なります。
和装の場合は女性の場合は白無垢や色打掛がありますが、セット料金を設定している撮影所ではどちらかを選んで撮影すると言う場合も多くなっています。
最近では、挙式を行わずにフォトウエディングだけで済ます人も多くいますし、和装は前撮りだけにして、実際の結婚式では洋装のウェディングドレスで行うカップルも多くなっています。
前撮りを個人で行う人もいますが、ホテルなどで挙式や披露宴などを行う場合は、フォトウエディングがセットになっている場合もあります。
また、スタジオ内での撮影だけではなく屋外での撮影を行ってくれるところもあります。
海外で挙式をする人も多いですが、国によっては、撮影枚数やカメラマンの費用等が必要になる場合もあるため、料金設定は事前にしっかりと確認する必要があります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031